墨田区 引越し業者

墨田区の引越し業者を簡単に探す方法

墨田区 引越し業者

墨田区 引越し 見積もり

墨田区 引越し価格

墨田区 引っ越し 相場

墨田区 引越し業者 安い

 

東京都の引越し業者を検索すると1500件、墨田区の引越し業者だけに絞り込んでも20件以上ヒットします。
こんなに沢山の引越し業者から見積もりを取って1社に絞り込むのは難しいですね。

 

しかし、引越し費用は業者によって大きく異なるので比較しないで決めるにも勿体ないのです。

 

墨田区 引越し業者

 

できるだけ費用をおさえたいなら、引越し業者一括見積もりがオススメです。
運びたい荷物や、物件が何階なのかエレベーターはあるのかなどの情報を1回入力するだけで最大10件の見積もりを取ることが出来ます。

 

引越し一括見積もりはこちら

クロネコヤマト引越センター
も加盟しています↑↑

 

あなた自身の引越し相場、また最安値の業者を簡単に探すこともできます。

 

サービス内容や価格などを総合的に判断して、1番良いと思う引越し業者をお選びください。

 

 

複数の見積でさらに安くなる!

1つ1分。3分で最もお得に!!

引越し価格ガイド

・200社を超える業者が登録
・最大10社から見積もり
クロネコヤマト引越センターが参加

ズバット引越し

・安い引越業者を探す方法は必見
・最大50%安くなる理由とは


ホームズ引越し

・はじめての引越しにおすすめ

 

 

 

引越しの価格と繁忙期

 

引越しと繁忙期

 

引越しの費用は1年中いつでも同じというわけではありません。
引越し業者には繁忙期があります。
3月が1年で一番件数が多く、この時期はどこの引越し業者も猫の手も借りたいほど忙しいのです。

 

繁忙期の引越しの価格は、通常期に比べて高く設定されています。
ですからもし引っ越し時期にこだわりがないのであれば、3月の繁忙期は避けた方が無難です。

 

繁忙期にしか引越しできないようであれば、引越しの準備を早くスタートさせるのが1番良い方法です。

 

新居の住所が決まったらすぐに一括見積もりをして、複数の業者から見積もりを取りましょう。
早い段階であれば数社から見積もりが来ますが条件の良い引越し業者から予約が埋まりますので、最後の方は1社だけとか最悪0社のこともあり得ます。

 

繁忙期の引越しはスピード勝負ですので、とにかく業者をおさえてしまいましょう。

 

引越しの準備

 

引越し準備

 

引越しのおおまかな手順を知っておくと、無駄な動きがなくて準備がスムーズです。

 

@新居が決まったら引越し業者一括見積もりをして、一番条件の良い引越し業者と契約する。
A荷物を梱包し、不用品は処分する。
B市外への引越しは転出届を提出する。引越し2週間前から提出可能。
C電気・ガス・水道・ネットなどの会社に連絡する。
D郵便局へ転送の手続き
E引越し当日
F市外引越しなら転入届、同一市内なら転居届を役所に提出する。引越し2週間以内に。
G荷解き
H免許・パスポート・保険・カードなどの住所変更をする。

 

おおまかにはこのような感じですすめます。

 

マンション4階の引越しでエレベーターがあるのとないのでは引越しにかかる時間が違います。
新居にトラックを横付けできるかどうかもそうです。
新居の情報なしでは、正確な引越しの価格が算出できないのです。

 

ですから新居が決まってから見積もりを取りましょう。

 

そして不用品を運ぶにも引越し料金がかかります。
とても不経済ですので、不用品は売る・捨てる・あげるなどして引越しの前に処分しましょう。

 

どうしても処分できない場合は、有料で引越し業者が引き取ってくれますので相談してください。

 

市外引越しの場合は転出届が必要です。
引越し先が近隣ならいいですが遠方ですとなかなか面倒な手続きになるので、必ず引越し前に提出しましょう。
引越しの2週間前から提出することが可能です。

 

電気・ガス・水道は引越し日止めてもらうように手配し、日割り計算で精算します。
ガス会社は立ち合いで元栓を閉める作業があります。詳しくは各会社に電話して問い合わせておきましょう。

 

さらに同じ市内なら〇日からは新居で電気・ガス・水道を使えるように手配しておきましょう。

 

郵便物は郵便局で転送届を提出すれば、1年間は新居へ転送することができます。
その間に知人に引越ししましたという連絡をしてくださいね。

 

引越し当日、荷物の運送は引っ越し業者にお任せするとして家具家電の配置、ダンボールの置き場所などは指示してください。
前もって紙に書いておくとスムーズに作業が進みます。

 

荷解きはどうぞ、ゆっくり行ってください。

 

さて新居に最寄りの役所には、市外引越しなら転入届を同一市内なら転居届けを2週間以内に提出してください。
選挙、税金など大事なお知らせががこれで届きます。

 

ほかにも免許証、パスポート、保険、カード会社、銀行系などいろいろなところに住所変更を連絡しておきましょう。
郵便局の転居届は1年ですから早めに連絡しましょう。

 

いかがですか、なんだかできそうな気がしませんか?
忙しいですが、頑張ってくださいね。

 

引越しの初期費用

 

引越し初期費用

 

引越しにはお金がかかりますが金額が大きなものは、引越し代と物件の契約料ではないでしょうか。
マンションやアパートを初めて借りるという方は、入居時にかかる費用について専門用語が多いのでよくわからないと思います。

 

敷金・礼金・家賃2〜3か月分・仲介手数料・火災保険・連帯保証会社利用費用・カギの交換費用など

 

・敷金は物件を退去する時に傷んだ箇所を修理するための費用で、入居前に管理会社に預けるという形になっています。
部屋を綺麗に使っていて修繕する箇所がなければ、使わなかった分は返金してくれるところが多いです。
入居前からあるキズやへこみは、家具を入れる前に写真に撮っておきましょう。

 

・礼金は大家さんに支払われる礼金で昔からの慣習なのですが、最近は礼金ゼロという物件も増えています。
アパート経営が人気で、空き部屋が増えているため入居のハードルを下げるために敷金ゼロという物件もありますね。

 

・家賃2〜3か月分は家賃を先払いしてもらうことで、社会問題となっている滞納のリスクが少ないと判断されるのではないかと思います。
貯金がないと入居できないですから、滞納する可能性のある人は減りますね。

 

・仲介手数料は不動産会社に支払う費用です。
法的に〇〇円と決まっていないので、会社によって金額が異なります。しかし仲介手数料無料の会社もあります。

 

・火災保険は集合住宅であれば必ず加入しましょう。
火元が自分でない火事であっても、火元の住民に賠償を求めることができないからです。
日本の住宅は木造が多い上に密集していますから、火が出ると延焼しやすく1人の火災保険の保険料では賄えないのです。
もらい火でも自己責任となりますので、自分のために加入しましょう。

 

・連帯保証会社利用費用は身元保証の会社に支払う費用です。
以前は家賃滞納のリスクに備えて、契約書に親兄弟の名前を連帯保証人として記載するのが一般的でした。
しかし最近は連帯保証人を立てられない人も増えたため、身元保証会社にお金を払って利用することが増えました。

 

・カギの交換費用は1・5〜2万円ほど費用がかかります。
カギは家族分をスペアキーとして作る人が多いため、一体いくつ作られたのか大家さんにも管理会社にも把握できません。。
前の住人が良い人とは限りませんので、防犯のことを考えても入居時に鍵は交換しましょう。